マルコ2:27,28

また彼らに言われた、「安息日は人のためにあるもので、人が安息日のためにあるのではない。それだから、人の子は、安息日にもまた主なのである」。
(マルコ2:27,28)

マルコ1:17

イエスは彼らに言われた、「わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう」。(マルコ1:17)

マルコ1:14,15

ヨハネが捕えられた後、イエスはガリラヤに行き、神の福音を宣べ伝えて言われた、「時は満ちた、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信ぜよ」。(マルコ1:14,15)

黙示録21:3,4

また、御座から大きな声が叫ぶのを聞いた、「見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、(黙示録21:3,4)

箴言23:23

真理を買え、これを売ってはならない、/知恵と教訓と悟りをも買え。(箴言23:23)

ヨハネ17:17

真理によって彼らを聖別して下さい。あなたの御言は真理であります。(ヨハネ17:17)

Ⅰテサロニケ4:16,17

すなわち、主ご自身が天使のかしらの声と神のラッパの鳴り響くうちに、合図の声で、天から下ってこられる。その時、キリストにあって死んだ人々が、まず最初によみがえり、それから生き残っているわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、空中で主に会い、こうして、いつも主と共にいるであろう。(Ⅰテサロニケ4:16,17)

ヘブル8:1,2

以上述べたことの要点は、このような大祭司がわたしたちのためにおられ、天にあって大能者の御座の右に座し、人間によらず主によって設けられた真の幕屋なる聖所で仕えておられる、ということである。(ヘブル8:1,2)

イザヤ25:9

その日、人は言う、「見よ、これはわれわれの神である。わたしたちは彼を待ち望んだ。彼はわたしたちを救われる。これは主である。わたしたちは彼を待ち望んだ。わたしたちはその救を喜び楽しもう」と。(イザヤ3:25:9)

イザヤ40:8

草は枯れ、花はしぼむ。しかし、われわれの神の言葉は/とこしえに変ることはない。(イザヤ40:8)

1 2 3 4 42