ヘブル人への手紙2:14

「このように、子たちは血と肉とに共にあずかっているので、イエスもまた同様に、それらをそなえておられる。それは、死の力を持つ者、すなわち悪魔を、ご自分の死によって滅ぼし、」(ヘブル人への手紙2:14)

ヘブル人への手紙1:2、3

「この終りの時には、御子によって、わたしたちに語られたのである。神は御子を万物の相続者と定め、また、御子によって、もろもろの世界を造られた。この終りの時には、御子によって、わたしたちに語られたのである。神は御子を万物の相続者と定め、また、御子によって、もろもろの世界を造られた。」(ヘブル人への手紙1:2、3)

ヘブル人への手紙8:1

「以上述べたことの要点は、このような大祭司がわたしたちのためにおられ、天にあって大能者の御座の右に座し、」(ヘブル人への手紙8:1)

ヘブル人への手紙10:36

「神の御旨を行って約束のものを受けるため、あなたがたに必要なのは、忍耐である。](ヘブル人への手紙10:36

ユダ9

「御使のかしらミカエルは、モーセの死体について悪魔と論じ争ったとき、相手をののしりさばくことはあえてせず、ただ、「主がお前を戒めてくださるように」といっただけであった。(ユダ9)

マタイ4:4

「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。
戻(マタイ4:4)

申命記10:15

「そうであるのに、主はただあなたの先祖たちを喜び愛し、その後の子孫であるあなたがたを万民のうちから選ばれた。今日見るとおりである。」(申命記10:15)

申命記9:7

「あなたは荒野であなたの神、主を怒らせたことを覚え、それを忘れてはならない。あなたがたはエジプトの地を出た日からこの所に来るまで、いつも主にそむいた。」(申命記9:7)

申命記4:29

「しかし、その所からあなたの神、主を求め、もし心をつくし、精神をつくして、主を求めるならば、あなたは主に会うであろう。」(申命記4:29)

申命記30:19

「わたしは、きょう、天と地を呼んであなたがたに対する証人とする。わたしは命と死および祝福とのろいをあなたの前に置いた。あなたは命を選ばなければならない。そうすればあなたとあなたの子孫は生きながらえることができるであろう。(申命記30:19)

1 2 3 4 5 6 7 33